労働基準法とは?

会社が守らなければならない最低限の労働条件を定めていて、会社と比較して弱い立場にある社員の保護を図る法律が「労働基準法」です。
具体的には、労働契約や賃金、労働時間、休暇、就業規則等について定めています。

 

仮に、労働基準法の定める最低限の労働条件を満たさない条件で労働契約を締結しても、その労働条件は無効となり、労働基準法の定めている労働条件が適用されます。

 

さらに労働基準法は、労働条件といった民事上の規定だけではなく、刑罰法規としての性質も持っているので、労働基準法に違反すると罰金等の刑罰を科されることがあります。