転勤命令ができない場合とは?

転勤命令について、使用者は、労働契約の予定する範囲内で労務指揮権を行使して転勤を命ずることができると考えられています。

 

したがって、転勤命令ができない場合とは、(1)労働契約の予定する範囲外であること、すなわち労働契約上の合意がない場合と、(2)権利濫用にあたる場合、が挙げられます。