「労働審判・労働裁判マニュアル」の記事一覧

仮処分申立の意義 従業員を解雇した時の仮処分申立とはどのような手続か?(1)

従業員を解雇した場合、その従業員が解雇に納得せず、解雇の有効性を争いたい場合には、最終的には通常の裁判(本案訴訟)によって争うことになりますが、本案訴訟は判決がでるまでに相当の時間を要するため、その間解雇された従業員は賃 …

労働審判手続の内容 労働審判

①対象となる事件   労働審判の対象となるのは、労働契約の存否その他の労働関係に関する事項について個々の労働者と事業主との間に生じた民事に関する紛争、すなわち「個別労働関係民事紛争」です。   具体的 …

労働審判とは何か?

労働審判とは、企業と個々の労働者との間の個別労働紛争について、裁判官1名と労働関係の専門的な知識経験を有する者2名によって構成される労働審判委員会が、原則として3回以内の期日で審理し、調停による解決を試み、調停が成立しな …

3 / 3123