あっせん

労働法上のあっせんとは、調停、仲裁と並ぶ労働争議の非公開の調整手続きのこと。

 

当事者の双方または一方からの申請に基づき、都道府県労働局長が必要性を認め紛争調整委員会にあっせんを委任することで開始される。

 

紛争調整委員会の会長から指名されたあっせん委員は、当事者等から事情を聴取し、双方の主張の要点を確かめ、その妥協調整を図り、相互の歩み寄りにより争議が解決されるように努める。