• お問い合わせはこちらから
メニュー

問題社員とは?

最終更新日 2015年 06月22日
監修者:弁護士法人みらい総合法律事務所 代表社員 弁護士 谷原誠 監修者:弁護士法人みらい総合法律事務所
代表社員 弁護士 谷原誠

「問題社員」と聞いたときに、みなさんはどのような社員を思い浮かべるでしょうか?

 

一般的には、サボってばかりで仕事をしない、仕事はするがミスが多い、遅刻や欠勤が多い、営業成績がいつまで経っても上がらない、などでしょうか。
そのほかにも、仕事をするものの社内外でトラブルばかり起こす、会社の備品を持ち帰る、会社の秘密を漏らす社員も問題社員といえるでしょう。

 

問題社員の定義はありませんが、最近私が受けた相談にこんなものがありました。

 

学生バイトを雇ったが、仕事を指示しても言い訳ばかりしてやらない。そもそも配達係として雇ったのに設計をやりたがる。少し設計をやりはじめたら設計しかやらなくなり、しかも上司の言うことを聞かない。解雇しようとしても、「解雇権濫用だ」などと言ってくる。他の社員に不満が溜まっている。どうしたらいいものか……。

 

まず、そもそも配達係として雇ったのですから、与えられた配達の仕事をこなさないのであれば債務不履行です。他の社員の言うことに反するのでれば、業務命令違反にあたるでしょう。このようなアルバイトも、れっきとした問題社員です。

  • 弁護士監修 全60種類 休業・労働時間・就業規則・懲戒・休職・採用・雇用
    派遣・給与・交通費・保険・育児介護・解雇・退職・出向
お知らせ
現在、ご相談フォーム及び
各担当弁護士宛のメールのみ
受け付けております。
電話、FAXは受け付けて
おりません。
新型コロナウイルス感染症への対応として、業務時間を
10時~17時
とさせていただいております。
ご理解を賜りますよう
お願い申し上げます。

無料進呈
(114ページ小冊子)

労働関連書式
無料ダウンロード

ご挨拶

印刷用パンフレット
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介

社長が知らないとヤバい労働法