• お問い合わせはこちらから
メニュー

【万が一、労働トラブルが起きてしまったら?】

では、事前の予防をしっかり行っていたにも関わらず、労働トラブルが起こってしまったときには、どのように対応したらよいのでしょうか?

 

まずは、①あわてずに事実確認をしっかりしましょう。
そして、②他の社員や当該社員の上司から事情の聴き取りをしてください。

 

次に、③事実関係を裏づける証拠を集めましょう。
例えば、遅刻等の記録が残るタイムカードや、懲戒解雇等の問題なら何度も注意した事実が記録された文書や始末書等です。

 

しかし、集めた証拠等をもとに、当該社員と話し合い、それでも解決しないときには、一体どうすればいいのでしょうか?

 

安心してください!
これから、このコーナーでは、豊富な事例や判例、最新のデータも含め、さまざまな労働トラブルに関する対処法を詳しく、わかりやすく解説していきます。

 

ぜひ参考にしていただき、会社と社員がともに成長、繁栄しながら、社長さんが実りある会社経営を実現していくお手伝いができればと思っております。

  • 弁護士監修 全60種類 休業・労働時間・就業規則・懲戒・休職・採用・雇用
    派遣・給与・交通費・保険・育児介護・解雇・退職・出向

無料進呈
(114ページ小冊子)

労働関連書式
無料ダウンロード

ご挨拶

印刷用パンフレット
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介

社長が知らないとヤバい労働法