• お問い合わせはこちらから
メニュー

幹部役員も罪に問われる場合がある

じつは、会社の役員自らがパワハラ・セクハラ行為を行っていなくても、職場環境配慮義務違反として、被害者に対して損害を賠償しなければならなくなる場合もあります。   次のような事例があります。   「福岡... 続きを読む >>

パワハラ・セクハラで会社はどんな損をするか?

じつは、職場環境配慮義務違反以外にも会社が損害を賠償しなければならないケースがあります。   まず、会社が「使用者責任」という責任を負い、被害者に生じた損害を賠償しなければならない場合です。   「民... 続きを読む >>

会社には社員を守る義務がある

「会社として、パワハラ・セクハラはなくさなければいけない」 ほとんどの人が、なんとなくイメージとしてはわかっていると思います。 では、なぜなくさなければならないのか、その理由を詳しく説明できるでしょう... 続きを読む >>
  • 弁護士監修 全60種類 休業・労働時間・就業規則・懲戒・休職・採用・雇用
    派遣・給与・交通費・保険・育児介護・解雇・退職・出向

無料進呈
(114ページ小冊子)

労働関連書式
無料ダウンロード

ご挨拶

印刷用パンフレット
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介

社長が知らないとヤバい労働法