• お問い合わせはこちらから
メニュー

セクハラの具体例

セクハラは大きく「対価型セクハラ」と「環境型セクハラ」に分けられるとされています。   対価型セクハラとは、労働者の意に反する性的な言動に対する労働者の対応(拒否や抵抗)により、その労働者が解雇、降格... 続きを読む >>

セクハラの判断基準とは?

では、どのような行為がセクハラと判断されるのでしょうか。   厚生労働省の通達では、以下のように定義されています。   「労働者の意に反する性的な言動」及び「就業環境を害される」の判断にあたっては、労... 続きを読む >>

何をするとセクハラになるのか?

セクハラも、パワハラと同様、防ぐためには、どのような行為がセクハラにあたるのかを把握しておく必要があります。   「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」(雇用機会均等法)で... 続きを読む >>

パワハラとなる6つの行為

パワハラにあたる行為には、具体的にどのようなものがあるでしょうか?   前述の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」の報告では、パワハラにあたる行為の類型として、大きく次の... 続きを読む >>

パワハラが成立する3つの要件

最近、テレビや新聞、ネットなどでパワハラやセクハラに関するニュースを見かけることが多くなったと思いませんか?   もし、「そんなことはない」と思うなら、会社の危機管理に問題があるかもしれません。 今や... 続きを読む >>
  • 弁護士監修 全60種類 休業・労働時間・就業規則・懲戒・休職・採用・雇用
    派遣・給与・交通費・保険・育児介護・解雇・退職・出向

無料進呈
(114ページ小冊子)

労働関連書式
無料ダウンロード

ご挨拶

印刷用パンフレット
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介

社長が知らないとヤバい労働法