• お問い合わせはこちらから
メニュー

私生活上の非行を理由に懲戒処分できるか?

労働契約上の労働者の義務は労務の提供であり、労働時間外の私生活上の言動は労働者の自由です。   ですので、私生活上の非行は本来懲戒処分の対象にはならないといえそうです。   しかし... 続きを読む >>

懲戒事由の有無の調査のために自宅待機命令を出せるか?

自宅待機命令は、懲戒処分である出勤停止とは異なり、使用者の業務命令によって行われます。   出勤停止の場合は、出勤停止中の賃金は支払われませんが、自宅待機の場合は、自宅待機中の賃金が支払われ... 続きを読む >>

懲戒処分としての始末書を不提出の場合、不提出を懲戒処分できるか?

懲戒処分の中で、始末書を提出させて将来を戒めることを「けん責」といいます。   通常、けん責処分となった場合には、原因となった事実の発生経緯、理由、反省と謝罪、再発防止策などの内容の始末書を... 続きを読む >>

懲戒処分とは何か?種類は?

懲戒処分とは、使用者が労働者に対して行う労働関係上の不利益措置のうち、企業秩序違反に対する制裁罰のことをいいます。   懲戒処分を行うためには、あらかじめ就業規則等に懲戒の種類及び事由を定め... 続きを読む >>
  • 弁護士監修 全60種類 休業・労働時間・就業規則・懲戒・休職・採用・雇用
    派遣・給与・交通費・保険・育児介護・解雇・退職・出向
お知らせ
現在、ご相談フォーム及び
各担当弁護士宛のメールのみ
受け付けております。
電話、FAXは受け付けて
おりません。
新型コロナウイルス感染症への対応として、業務時間を
10時~17時
とさせていただいております。
ご理解を賜りますよう
お願い申し上げます。

無料進呈
(114ページ小冊子)

労働関連書式
無料ダウンロード

ご挨拶

印刷用パンフレット
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介

社長が知らないとヤバい労働法