年少者

労働基準法上、18歳未満の者をいう。

 

年少者については、労働契約締結や労働時間等に関して、特別な保護を受ける。