会社には社員を守る義務がある

「会社として、パワハラ・セクハラはなくさなければいけない」
ほとんどの人が、なんとなくイメージとしてはわかっていると思います。
では、なぜなくさなければならないのか、その理由を詳しく説明できるでしょうか?

 

会社は、パワハラ・セクハラをなくすために社員を対象に研修などを行って教育していく必要があります。
そのためにも、なぜパワハラ・セクハラをなくさなければいけないのか、社長ご自身が理解しておく必要があります 。

 

会社は従業員と雇用契約を交わしています。
この雇用契約に付随する義務として、会社は従業員にとって快適な就業ができるように職場環境を整える義務を負っていると考えられています。この義務のことを「職場環境配慮義務」といいます。

 

パワハラ・セクハラが起こるということは、すなわち職場の環境が乱れているということになります。
その結果、対象の従業員などに被害が発生した場合、職場環境配慮義務違反(債務不履行責任 民法第415条)として、会社がその損害を賠償しなければいけないことになります。

 

このように、会社は職場の良好な環境を保って従業員を守る義務があり、これに反したために、パワハラ・セクハラが起こってしまった場合は、会社がその責任を負うことになるのです。