パワハラとなる6つの行為

パワハラにあたる行為には、具体的にどのようなものがあるでしょうか?

 

前述の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」の報告では、パワハラにあたる行為の類型として、大きく次の6つをあげています。
①「身体的な攻撃」
②「精神的な攻撃」
③「人間関係からの切り離し」
④「過大な要求」
⑤「過小な要求」
⑥「個の侵害」

 

①「身体的な攻撃」とは、言葉のとおり、いわゆる暴行・傷害行為を指します。これらは、それぞれ「暴行罪」、「傷害罪」として罰せられる犯罪行為ですから、暴行・傷害行為は業務の適正な範囲に含まれません。

②「精神的な攻撃」とは、脅迫や名誉毀損、侮辱、ひどい暴言のことを指します。

③「人間関係からの切り離し」とは、ある人を隔離、仲間はずれにしたり、無視したりすることを指します。これらのうち、脅迫、名誉毀損、侮辱は犯罪行為にあたりますし、その他の行為についても、通常業務を行ううえで適正な行為とはいえませんから、原則として「業務の適正な範囲」を超えるものはパワハラにあたると考えられます。

④「過大な要求」とは、業務上明らかに不要なことや、遂行不可能なことを強制したり、仕事を妨害したりすることなどを指します。

⑤「過小な要求」とは、まったく必要もないのに、能力、経験とかけ離れて程度の低い仕事を命じたり、仕事を与えないなどの行為を指します。

⑥「個の侵害」とは、対象の人について、私的なことに過度に立ち入ることを指します。

 

「身体的な攻撃」、「精神的な攻撃」、「人間関係からの切り離し」に分類される行為は、その内容から、「業務の適正な範囲」を超えるもの、すなわちパワハラにあたることが明らかです。

 

「過大な要求」、「過小な要求」、「個の侵害」に分類される行為については、それが「業務の適正な範囲」を超えるかどうか直ちに判断できない場合があります。
そのため、これらに分類されると思われる行為が行われた場合には、「業務の適正な範囲」を超えるかどうか慎重に判断する必要があります。

 

パワハラの類型
① 身体的な攻撃……暴行・傷害行為など
② 精神的な攻撃……脅迫や名誉毀損、侮辱、ひどい暴言など
③ 人間関係からの切り離し……隔離、仲間はずれにしたり、無視したりするなど
④ 過大な要求……不要、不可能な仕事の強制、仕事の妨害など
⑤ 過小な要求……不必要に程度の低い仕事の押しつけ、仕事を与えないなど
⑥ 個の侵害……私的な領域への過度の立ち入り