交渉での会社のスタンスは…

会社が社員との間で交渉を行うにあたって避けなければいけないのは、残業代請求が他の従業員に波及することにより、会社に甚大なダメージを与える結果となってしまうことです。

 

例えば、強硬に会社側の言い分のみを主張するという交渉スタンスをとった場合、結果的に訴訟や労働基準監督署への申告といった事態を招き、他の従業員に対してもその影響が波及してしまう可能性が高くなります。

 

このようなリスクを考慮した上で、社員との交渉において強硬なスタンスをとることについては、慎重に検討する必要があります。