労動基準監督官の仕事と権限とは?

労働基準監督官は、一般的に下図の流れで監督指導を行います。
その結果、実際にさまざまな法令違反が発見されています。

 

労働基準監督官は、労働基準法違反等の罪について、「刑事訴訟法」に規定する「司法警察官」の職務を負っているので、警察官と同じような権限を行使することができます。
つまり、労働基準監督官は「労働基準法の番人」といえる存在なのです。

 

また、労働基準監督官の権限として、具体的には以下のものが挙げられます。

 

・事業場に予告なく立ち入る
・帳簿書類の確認、従業員への尋問
・監督指導