あなたの会社は大丈夫?労働トラブルが増加中

近年、会社と社員の間の「労働トラブル」が増加しています。

 

まずは、厚生労働省が公表している統計データをご覧ください。

 

これは、都道府県労働局、各労働基準監督署内などに設置された、あらゆる労働相談に専門の相談員がワンストップで対応するという「総合労働法律コーナー」に寄せられた相談件数の推移です。

 

平成14年度の相談件数は、年間62万5572件。 件数は年々増加し、平成21年には114万1,006件にも達しています。 その後、減少しているものの、相談件数は依然として100万件を超え高止まりしています。

平均すると、およそ3,100人もの人が毎日、総合労働法律コーナーに相談をしているということになります。

 

実際、私たちの事務所にはさまざまな労働トラブルが寄せられ、相談件数も年々増加しています。