「社員の採用や異動のトラブルを避けるために必要なこと」の記事一覧

配転・出向のトラブルを防止するには?

配転とは、社員の職務内容の変更や社員の勤務場所の変更(転勤)のことをいいます。 出向とは、元の会社との間で社員としての地位を維持しながら、他の会社においてその指揮命令に従って就労することをいいます。   会社が社員に対し …

採用内定取消は簡単ではない!?

採用内定取消しの際のトラブルを回避するためにも、就業規則には採用内定取消しについても規定しておいた方がよいでしょう。   ただし、採用内定通知によって労働契約が成立し、採用内定の取消しは実質上解雇にあたる、と考えられてい …

必要書類を提出させて適格者を判断する!

応募者との関係では、まだ労働契約が成立していないものの、必要書類の提出を求める際の便宜として、就業規則に選考のための必要書類を規定しておいた方がよいでしょう。   適格者の判断のため、応募者は、履歴書(顔写真を添付したも …

雇用形態に応じて採用基準を明確にしておく

会社と従業員の間のトラブルで多いもののひとつに、採用や異動に関する問題があります。   これらのトラブルを未然に防ぐには、どうすればよいのでしょうか? もちろん、ここでも就業規則が重要になってきます。   今回は、就業規 …