「就業規則が会社を社員とのトラブルから守ってくれる」の記事一覧

一度作った就業規則は変更するのが難しい!?

就業規則の変更により、労働契約を社員の不利益な内容に変更しようとするときは、原則として社員の同意が必要となります。   社員の同意を得ず変更するためには、変更後の就業規則を社員に周知させ、かつ、就業規則の変更が、①社員の …

作成した就業規則はどのように取り扱えばいいのか?

会社は、作成した就業規則を、各作業場の見やすい場所に常時掲示し、または備え付け、あるいは書面の交付や電子機器の設置による公開などの方法により、社員に周知させなければなりません。   会社としては、あとで社員から「就業規則 …

就業規則には何を記載するべきなのか?

就業規則に記載しなくてはならない事項としては、①絶対的記載事項と②相対的記載事項があります。   ①絶対的記載事項とは、労働基準法上、必ず記載しなければならないとされている事項のことをいいます。   絶対的記載事項には、 …

なぜ就業規則をつくらなければいけないのか?

会社は、なぜ就業規則をつくらなければいけないのでしょうか? それには、大きく3つの理由があります。   1.労働トラブルの予防のため 労働法関連トラブルの相談数は、平成14年頃から年々増加しており、現在ではピーク時よりも …

就業規則と契約・法令・労働協約の関係は?

会社と社員の間の労働条件については、基本的には労働契約、すなわち、両者の間の合意によって決まります。 しかし、社員1人ひとりと契約書を交している会社がどれだけあるでしょうか?   じつは、会社が社員1人ひとりと契約書を交 …