「裁判になった場合の対処法」の記事一覧

民事保全の申立てに会社はどう対応するか?

仮差押については債務者審尋が行われないことがほとんどのため、仮差押えは突然行われます。   仮差押を受けた会社の対応としては、和解により申立ての取下げを行わせることのほか、保全異議の申立てを行うことが考えられます。   …

民事保全とは?

社員が裁判による解決を求める場合、自らの権利実現のために会社の財産が流出することなどを防ぐ目的で、訴訟に先立って裁判所に仮の判断を求めることが少なくありません。 このような手続きを「民事保全手続」といいます。   社員の …

社員から民事訴訟を起こされた場合

和解による解決ができなかった場合には、社員は最終的な解決を求めて、民事訴訟を提起することとなります。   民事訴訟が提起されると、会社としては、社員の主張の反論を行うことで請求の棄却を裁判所に対して求めていくこととなりま …