「労働法とはどんな法律なのか?」の記事一覧

最低賃金法とは?

最低賃金法は、文字どおり賃金の最低額を保障し、労働条件の改善を図り、もって労働者の生活の安定等を目的とする法律です。   地域別に定められている最低賃金についての規定は強行法規で、最低賃金未満の賃金の契約は無効となります …

男女雇用機会均等法とは?

男女雇用機会均等法は、性による差別を禁止する法律です。   男女雇用機会均等法の強行法規(当事者の合意よりも優先する規定)に反した場合、違反する行為は無効であり、当該行為により社員に損害が生じていれば、さらに会社に賠償責 …

労働契約法とは?

労働契約法は、会社と社員の雇用契約のルールについて定めた法律であり、労働者の保護、個別の労働関係の安定を図るために制定されました。   これは、会社と社員の個別の労働契約を規律するために平成20年に施行された新しい法律で …

労働関係調整法とは?

ストライキ等が行われた場合や行われるおそれがある場合に、その解決のため労働委員会の調整手続を設け、会社と労働組合との関係を調整する法律が「労働関係調整法」です。   会社と労働者という個別的労働関係を定めているのが労働基 …

労働組合法とは?

会社と労働者の交渉における労働者の立場を向上させることで、労働者を守る法律が「労働組合法」です。   例えば、労働組合の活動(ストライキ等)について、会社は労働組合の活動に正当性が認められる限り、労働組合またはその組合員 …

労働基準法とは?

会社が守らなければならない最低限の労働条件を定めていて、会社と比較して弱い立場にある社員の保護を図る法律が「労働基準法」です。 具体的には、労働契約や賃金、労働時間、休暇、就業規則等について定めています。   仮に、労働 …

労働法とはどんな法律なのか?

会社を経営する、会社で働く、労使双方にとって「労働法」は欠かせない法律です。 しかし、労働法という名前の法律自体は存在しないということは、ご存じだったでしょうか?じつは、働くにあたってのルールを定めた複数の法律をまとめて …