「労働審判・労働裁判マニュアル」の記事一覧

労働審判は、なぜ早期に対応しなければならないのか? 【弁護士解説】

  Tweet         「労働トラブル」というと、みなさんはどのような問題を思い浮かべるでしょうか?   未払い残業代請求、パワハラ・セクハラ、不当解雇、賃金不払い、違法残業や過重労働などによる健康障害や過労死… …

労働審判で会社側が提出する証拠書類

社員によって労働審判が申立てられ、答弁書作成期限記載された呼出状が送付されます。   申立日から40日以内に指定される第1回期日において、会社側は約1か月で事実を確認するとともに、必要であれば反論のための証拠を …

労働審判(残業代)の「防御5つの型」

    労働審判において社員から残業代の請求がなされた場合、会社がとるべき防御方法は、固定残業制や変形労働時間制などの各会社が事前に導入している諸制度に応じて様々なものがあります。   もっとも、どのような制度 …

労働審判(転勤)の答弁書「勝てる書き方のコツ」

転勤命令の有効性を争って従業員が労働審判を起こしてきた場合、会社はどのような答弁書を書き対応すれば良いでしょうか。   前提として、一般に労働審判において答弁書とはどのような役割を果たすものなのか確認しましょう …

労働審判で調停を決裂させ不利な決定が出たときはどうすればいい?

・はじめに 労働審判で調停を決裂させた場合には、裁判所によって審判がなされます。この審判が、会社にとって不利なものであった場合には、会社は、速やかに裁判所に異議を申立て、その後に続く訴訟に対しての準備を行う必要があります …

労働審判の答弁書と陳述書の違い

    1 はじめに 答弁書とは、労働審判を申し立てられた者(以下、「相手方」といいます。)の作成する準備書面(当事者が労働審判期日において陳述しようとする事項をあらかじめ記載して裁判所に提出する主張書面)で、労働審判手 …

労働審判を申し立てられた時の弁護士の選び方

労働審判とは,労働審判官(裁判官)1名と労働関係に関する専門的な知識と経験のある労働審判委員2名で構成された労働審判委員会が,個別労働紛争を原則として3回以内の期日で審理する紛争解決のための手続です。   労働審判を申し …

労働審判(残業代)の答弁書勝てる書き方のコツ

労働審判とは、会社と労働者との間の労働紛争について、裁判官1名と労働関係の専門的な知識経験を有する者2名によって構成される労働審判委員会が、原則として3回以内の期日で審理し、紛争解決をこころみる手続です。   …

労働審判の第1回期日におけるポイント

労働審判は、裁判と異なり、原則3回で手続を終了します。そして、1回の期日だけで調停が成立することも多くあります。 ということは、労働審判においては、1回目の審判期日が最も重要である、ということです。   労働審 …

労働審判対応の良い例・悪い例(会社側)

  社員から労働審判を申し立てられた場合、会社側の対応次第で、結果が大きく違ってしまうことをご存じでしょうか。   労働審判は、原則として3回以内の期日において、審理を終結するとされていますが、第1回期日(申立 …

1 / 3123