「残業代・労働時間・休日」の記事一覧

1週間単位の非定型的変形労働時間制(労働基準法32条の5)

日ごとの業務に著しい繁閑の差が生ずることが多く、かつ、これを予測した上で就業規則その他これに準ずるものにより各日の労働時間を特定することが困難であると厚生労働省令で認められ、常時使用する労働者の数が厚生労働省令で定める数 …

1年以内の期間の変形労働時間制(労働基準法32条の4)

使用者は、労働者の過半数で組織する労働組合または労働者の過半数を代表する者との書面による協定(労使協定)により、1ヵ月を超え1年以内の一定の期間における1週間当たりの労働時間の平均が40時間を超えないように定めた場合には …

1ヵ月以内の期間の変形労働時間制(労働基準法32条の2)

使用者は、労働者の過半数で組織する労働組合または労働者の過半数を代表する者との書面による協定(労使協定)または就業規則その他これに準ずるものによって、1ヵ月以内の一定の期間(変形期間)を平均し1週間当たりの労働時間が週の …

変形労働時間制とは何か?

変形労働時間制とは、一定の期間内における所定労働時間を平均して週法定労働時間を超えない場合には、期間内の一部の日または週において所定労働時間が1日または1週の法定労働時間を超えていても、法定労働時間を超えたという取り扱い …

休日のアルバイトを禁止できるか?

休日とは、労働者が、労働契約上労働義務を負わない日のことをいいます。   使用者が休日に労働者を労働させることができないのはもちろん、労働者は休日を自由に利用でき、使用者が休日中の労働者の行動に制約を加えること …

休憩とは何か?

労働基準法では、1日の労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に一斉に与えること、そして、休憩時間を自由に利用させるべきことを規定して …

割増賃金の計算方法は?

割増賃金は、「通常の労働時間又は労働日の賃金」(労働基準法37条1項)を基礎とします。基礎となる賃金には、基本給だけでなく、法律で除外されている手当を除いた諸手当も含まれます。   法律で除外されている手当とは …

割増賃金とは何か?

割増賃金とは、使用者が労働者に時間外労働(残業)、休日労働、深夜労働(午後10時から午前5時までの間の労働)を行わせた場合に支払わなければならない賃金のことです(労働基準法37条)。   時間外労働分については …

持ち帰り残業は、残業か?

持ち帰り残業が労働時間にあたるか否かが問題となります。   労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれた時間のことをいいます(三菱重工業長崎造船所事件 最高裁一小平成12年3月9日民集54巻3号801頁)。 &nb …

自宅待機は給料を支払う義務があるか?

自宅待機の時間が労働時間と呼べるのであれば、給料の支払義務が発生することになりますので、自宅待機が労働時間にあたるか否かが問題となります。   労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれた時間のことをいい …

2 / 3123