あらかじめ定められている事由に基づく自動退職 退職の種類(2)

あらかじめ定められている事由に基づく自動退職の例として、以下のものが挙げられます。

 

・契約期間満了による退職

 

期間の定めのある労働契約の場合、その期間満了時に労働契約は終了します。

 

・休職期間満了による退職

 

私傷病により休職した場合で、休職期間の満了時までに治癒しなかった場合、労働契約は終了します。

 

・定年退職

 

労働者が一定の年齢に達したときに労働契約が終了するものです。

 

60歳で定年とする企業が多いですが、近年は、65歳まで引き上げる企業もでてきています。

 

また、2013年4月1日から施行された改正高年齢者雇用安定法では、60歳の定年後も希望者全員を雇用することを企業に義務付けています。