雇用

民法上の雇用とは、当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対してその報酬を与えることを約する諾成・有償・双務契約。労働法上の雇用とは、民法上の雇用関係のみでなく、労働者が事業主の支配下において労働を提供し、その労働の対価として賃金、給料、その他これに準するものの支払いを受けている関係をいう(これを「労働契約」ともいう)。

 

契約の形式によらず、使用者と労働者の間の事実上このような関係があれば雇用関係と認められる。