遺族補償給付

労災保険(正式名称「労働者災害補償保険」)による業務災害に関する保険給付の一種。

 

労災保険適用事業の事業主に使用される労働者が、業務上死亡した場合に遺族に支払われるもの。

 

遺族補償年金と遺族補償一時金がある。原則として遺族補償年金として支給されるが、例外的な場合は遺族補償一時金とされる。

 

遺族補償年金の受給資格者は、労働者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹で、受給権者は、受給資格者のうち最優先順位にある者。

 

年金総額は、受給権者の人数等に応じて定められている。