終身雇用制

企業が、新卒者など若年労働者を大量に採用し、企業内で教育訓練してキャリア形成を図り、定年までその労働者を雇用する慣行。

 

年齢・勤続年数に応じて賃金額が上昇する年功的賃金制度とともに、日本の企業で多くみられる労働慣行であったが、近年、能力や仕事の成果を重視して雇用したり賃金を決定したりする傾向が広がってきている。