時間外労働

労働協約、就業規則等により定められた所定労働時間を超えて行う労働。

 

残業、超過勤務、オーバータイムなどとも言う。

 

労働基準法では、原則として、1日8時間、1週40時間を超えて労働させてならないとして法定労働時間を定めている(労働基準法32条)が、災害等による臨時の必要がある場合や、使用者と労働者間で三六協定を結んでいる場合には、法定労働時間を超えて労働させることができる(労働基準法33条・36条)。

 

時間外労働をさせた場合、使用者は、割増賃金を支払わなければならない(労働基準法37条)。