春闘

日本国内の労働組合の多くにおいて、毎年春頃から行われる賃金の引上げや労働時間の短縮などといった労働条件の改善を目的として、経営側との団体交渉を要求する労働運動。

 

全国で一斉に交渉することで、労働組合の交渉力が乏しい企業を含めて全国的に労働者の雇用条件を底上げを図るのを目的としている。

 

現在の春闘は、1956年から始まったといわれている。