労働者

広い意味では、他人に使用されて労働し、その対価として賃金の支払を受ける者をいう。

 

労働基準法上、労働者とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいう(労働基準法9条)。

 

労働組合法上、労働者とは、職業の種類を問わず、賃金、給料その他これに準ずる収入によって生活する者をいう(労働組合法3条)。

 

労働契約法上、労働者とは、使用者に使用されて労働し、賃金を支払われる者をいう(労働契約法2条)。