労働基準法

労働組合法、労働関係調整法と並ぶ労働三法のうちの一つ。

 

憲法27条2項の、「勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める」という条文に基づいて制定された法律で、労働契約、賃金、労働時間・休日・年次有給休暇、災害補償、就業規則等について定めている。

 

労働基準法の条件を満たさない内容の労働契約を結んだ場合、その労働条件は無効となり、労働基準法による条件が適用される。労働基準法に違反した場合、懲役や罰金などの刑罰を科される場合もある。