ワーク・ライフ・バランス

「仕事と生活の調和」の意味。

 

少子化問題や労働者の健康の問題への対策として、政府により、2007年(平成19年)、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」及び「ワーク・ライフ・バランス行動指針」が策定され、国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会の実現を目指して、政府、民間、地域などそれぞれで様々な取組が行われている。